素敵な商品を発掘するブログ

読者に素敵だと思っていただける商品をどしどし紹介していきます。

「働いても幸せになれない日本」に生きる若者

日本では相対的貧困と呼ばれる人が増えてきています。
パートや派遣社員と呼ばれる非正規社員の増加です。

相対的貧困とは、仕事はしているけれども
衣食住という基本的な生活が困難な状況を指します。

一般的には年収で200万円以下が水準だそうです。
私も役所に勤めていますが、
手取りで13万3千円程度しかなく
年収200万円以下、完全に相対的貧困の状況です。

 

また相対的貧困とは
 親類に経済的に頼れる人がいない
 資産を所有していない

という条件のもあります。

離婚して母親が子育てをする、
大学に進学するのに奨学金を借りるというような場合

何とか日銭を稼いで1日をしのいでいくという厳しい状況になります。

大学に行った子供も20代から貧困に陥ってしまうこともあります。
就職先が見つからない、
でも奨学金は返済していかなければならない、
何とか非正規雇用で収入を確保しても
正社員と比べると収入は少なく、
生活費が工面できずに苦しい状況というのもあります。

貧困は団塊の世代だけではなく
若い世代にも広がってきています。

政府は失業率が低下したと言っていますが
それは非正規雇用が増加しただけです。

自治体における非正規職員の割合は非常に高いものがあります。
20年以上保育士の仕事をしながら
昇給も賞与もない、
毎年解雇と採用を繰り返している人の話が昨日読売新聞に載っていました。

ですがこれが実際です。
非正規職員の待遇を正規職員並みに
引き上げようという話も出ていますが
いつ頃実現するかははなはだ心もとないです。

そこは、自分でできることを探していく、
ということになります。

アフィリエイトという選択肢もあります。
時間はかかっても
しっかりした稼ぎを生み出す仕組みの作り方を
自分のものにできれば月10万円を
今の生活費に上乗せすることができます。

何も10万円とは限りません。さらに上を狙えます。
時代が多少変化しても稼ぎ続ける方法を
身につけることができればこの先強いです。

年を重ねていけばさらに磨きがかかるでしょう。

ただし最初の取り掛かり方や方向性を
間違えないようにしなければなりません。

ここはサポートが半端ありません。
個別指導ですから、他の方の進捗を気にせず
自分だけの歩みを確実にしていくことができます。

どんな内容の相談にも乗れる人たちです。
「誠意」というと死語に近いでしょうか。
でもその誠意があるスクールです。

ネットビジネスを始めるのに
こんなスクール出会える人は幸せだと思います。

ネットビジネスに挑戦して何度失敗した人も
全くの初心者でも大丈夫です。

このスクールに入って人生が変わったという人は多いです。

窮屈になってきた時代ですが
自分の将来は今から明るい方向に変えていけます。

 

GoogleAdSenseスクール「エッグジョブ+」

 

 

クレジットカードの口座振替